女性ホルモンを増やす栄養素|イソフラボンで体質を変えよう

レディー

血管を強くして血流改善

足元

冷え症になると生理不順や便秘などになるため、女性にとっては重大な悩みの一つです。解消するためには身体を温めるポリフェノールなどの栄養素を取り入れましょう。香味野菜に多く含まれているので、料理にも利用しやすいはずです。

もっと知ろう

大豆や野菜で調子を整える

汗を拭く中年女性

女性ホルモンは、歳とともに減少していきます。特に閉経後の五十代からは大幅に減っていくのです。女性ホルモンは、女性の卵巣の中で作られていて、臓器の調節や管理を行なう重要な物質です。あまり知られていませんが、実は血液中を流れています。女性ホルモンが減少すると、様々な病気や症状が体に現れ始めます。アルツハイマーや更年期障害などです。これらの症状は改善が難しく、事前の予防が重要になってきます。減ってしまった女性ホルモンは増やすしかないのですが、その前に自分にどれだけ女性ホルモンがあるのか調べることができます。病院などで予約をして受診できるので、体に異常を感じたら、まずは検査を受けてみましょう。検査で女性ホルモンの量が分かったら、増やす方法を考えていきます。女性ホルモンの元になっているのはエストロゲンという物質です。そのエストロゲンと似た働きをする栄養素があります。それがイソフラボンです。イソフラボンは大豆などに多く含まれている成分で、知っている人も多いはずです。大豆製品は味噌や豆腐、おからなどたくさんあるので、味のバリエーションも豊富です。そのため、飽きること無く食事に取り入れられるはずです。イソフラボンと同時にビタミンも忘れずに摂取しましょう。ビタミンはホルモンを作る卵巣の老化を防ぎ、健康に保ってくれます。ビタミンを摂取するためには、モロヘイヤやかぼちゃなどの緑黄色野菜を食べると良いでしょう。魚やニンニクと一緒に食べると効果倍増です。

万能性のある保湿成分

海藻

フコイダンは薄毛や肌のトラブル解消にも効果があります。頭皮などを保湿して乾燥を防ぎ、症状がみるみるうちに改善していきます。フコイダンを含んだ化粧品などが多数売られているので、悩みがあるのなら利用してみると良いはずです。

もっと知ろう

脳機能向上で認知症予防

栄養剤

DHAは魚に含まれる不飽和脂肪酸のことです。体内に取り入れると、脳機能向上や動脈硬化の改善などに役立ちます。一日の摂取量は決められていて日常の食事でまかなうのは難しいです。そこでサプリメントを使って手軽に摂取しましょう。

もっと知ろう

Copyright© 2016 女性ホルモンを増やす栄養素|イソフラボンで体質を変えよう All Rights Reserved.